2018-01-09のお知らせ

 お知らせTOP

【給食室より】~おせち・七草粥について~

 

先日、幼児クラスを対象に「おせち・七草粥」についての食育を行いました。

まず、おせち料理はお正月に食べるお祝いの料理で、1つ1つの料理に意味があることを説明しました。

「えび」は長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きできるように。

「昆布巻き」は「よろこぶ」と「こんぶ」が似ているから。

その他に、くりきんとんや黒豆、ごぼう、伊達巻きなどを紹介しました!

 

DSCN0987

 

子どもたちから「これはどんな意味があるの?」と興味を持ってくれたり、「これ食べたことある!」と教えてくれました。

次に、「七草がゆ」を食べるようになった由来について話しました。七草がゆは昔から、お正月におせちやごちそうをたくさん食べて疲れた胃を休めるために食べるといわれています。

七草がゆは無病息災(健康)、を願う食べ物です。また、冬に不足しがちな栄養素を補うこともできます。

DSCN0986

そして、春の七草を実物を用いて紹介しました。

「セリ・ナズナ、ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ、スズナ・スズシロ・春の七草」と短歌風にすると覚えやすいです♪

DSCN0996

3じのおやつは七草がゆでした。「大根みつけた!」「おいしい~♪」とたくさんおかわりしてくれていました。

DSCN1004

 

DSCN1021

ぜひ、ご家庭でも年末年始で疲れた身体を癒す「七草がゆ」を食べてみてください♪